運営者情報

今回ご紹介した、「退職祝いプレゼント」・・・・・いかがでしたか。

どうぞ、ご参考にして下さい。

ところで、冠婚葬祭などの日取りを決める時に、「大安なので、この日に結婚式を挙げようか」とか、葬儀の日を決めるのに、「友引なので、葬式を繰り上げよう」などという話があります。

ここで使われている「大安」「友引」などは、古代中国の「六曜」という暦の考え方に基づいていて、三国志で有名な諸葛孔明が、戦いの際、吉凶の日を知るのに利用したことに端を発していると言われます。

この六曜が日本に伝わり、江戸時代の半ばから急速に広まっていきました。

現在使われている六曜のそれぞれの日には、次のような意味があります。


■先勝

午前が良く、午後は悪い。

■友引

正午のみが凶。

■先負

午前が悪くて、午後が良い。

■仏滅

一日中最凶の日。

■大安

一日中良い日。大安吉日という。

■赤口

昼だけが吉。朝・夕はは凶で、災いに出会いやすい。


本来は中国で、戦いや争いごとの吉凶の火を占うものでしたが、次第に日本では日常生活全般に用いられるようになっていきました。

中でも、「友引」は、もともと「争いごとで、ともに引き分けて勝負なし」の意味ですが、その文字の連想から「友を引く」との意味に取られるようなり、葬儀などの弔事が避けられるようになったのです。

明治時代になって、新暦が採用されると、六曜による吉凶の載った歴注(暦に注記したもの)は禁止されました。

しかし、長い習慣として六曜が日本人の生活に影響を与えていたため、今でもカレンダーなどには、この歴注が使われていたりします。


◆www.退職祝いプレゼントランキング.com運営者:横山
◆E-mail:news1962online★yahoo.co.jp
※最近迷惑メールが多いので★を@の小文字に変更して下さい
◆住所:東京都世田谷区

退職祝いプレゼント【心に響く贈り物】人気ランキングはこちらですのトップページへ